PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > メンテナンスガイド
メンテナンスガイド

その2 フラットトップ・ギター編


自宅でギターを保管する際は、 直射日光の
当たらない、風通しの良い場所を選ぼう。

 フラットトップ・ギターの場合。毎日ギターを弾く人は、弦を緩める必要はない。本来はソリッド・ギターと同じ考え方がフラットトップ・ギターにも当てはまる。フラットトップ・ギターのボディ・トップは、本来弦のテンションによって振動しやすい状態となり、またそのテンションに十分耐えるだけの強度を計算して作られている。また、ギターにはある一定のテンションを与え続けた方が、楽器として適切に振動するようになると考えている。

 例外的なギターとしては、弦をチューニングするとボディ・トップが湾曲して浮き上がってくるような古くてデリケートなフラットトップの場合である。この場合は、ギター自体の構造にやや無理がある場合が多く、弦を張りっぱなしにしておくと、徐々に弦高が高くなってきてしまう。こういったボディ・トップが弱いギターは、若干チューニングを緩めておいた方がいいといえるだろう。しかし、前記同様ネックに関して言えば、チューニングを緩めることは、それ自体がネックに負担をかけていることも考慮する必要がある。同じようなタイプのギターとして、チューニングするとアクションが下がってゆくようなデリケートなボディ・トップを持つアーチトップ・ギターが挙げられる。

 車で楽器を持ち運ぶ方は、暑い時期は特に注意が必要である。楽器を車内に残したまま車を離れる時は、車内の温度がどうなるかを十分に考えてほしい。夏場には車内温度が50〜60°にまで上がることがある。こうした状況の中に数時間でもギターを置いておくと、致命的なダメージが発生してしまいかねない。できる限り、車を離れる時は日陰に駐車するか、楽器を持って行動するように心がけよう。

→ その1 ソリッド・ギター編 へ

その1 ソリッド・ギター編

 ここでは、普段ギターを保管しておく際の注意事項を簡単に説明しておこう。

 まず、ギターを保管する部屋の湿度管理に気をつけよう。簡単な湿度計は1,000円程度から売っているので、こういったものをギターと一緒に置いておく。なかなか湿度を下げるのは難しいが、大目に見れば40〜60%の範囲に留まるように気を配ろう。40%を下回る状況ではフラットトップのトップ割れといったトラブルが起こりやすく、70%を越えるような湿度ではネックそり、サビ、そしてカビが発生する。ここで気をつけなければならない点がある。部屋の場所によって湿度はかなりばらついているので、ギターを置く場所の湿度を計測するように心がけよう。家にギターを持って帰ってきた時は、必ずケースから出して一晩以上は放置すること。場合によっては、ずっと出しっぱなしでもなんら構わない。スタジオ等で練習した時は、思いの外汗が楽器についているもの。こんな状態のままで置いておくと、狭いケースの中では、汗の水分が蒸発してケース内に充満してしまう。

 家でギターを保管する場所は、直射日光を避け、風通しのよい場所を撰ぶ。ギターを吊るして保管するのも、ネックに負担がかからないことを考えると良い方法といえる。逆に、ネックに負担がかかる角度に倒して置いておいたり、ネックやボディを強く押さえつけるハード・ケースに入れておくのは避けなければならない。こういったケースは、移動の際に楽器を保護するものと割り切って、普段の保管には使用しないように心がけよう。

 次にギターの弦は緩めておくべきか? これは、諸説があり、人によって意見が分かれる部分でもある。以下に僕の個人的な意見を書いておこう。ソリッド・ギター/ベースの場合、弦を緩める必要はまったくない。ギターのネックは本来、弦のテンションに対して逆向きのテンションをネック内のトラスロッドで作り出すことによって、ストレートな状態を作り出している。従って、片側のテンションのみを取り払うことは、ネックに大きな負担をかけていることになる。また、ソリッド・ギターのボディは、十二分にヘヴィな構造をしている。

→ その2 フラットトップ・ギター編 へ

その4 緊急時のアース対処法

 ロー・インピーダンス・ピックアップ・システムが組み込まれた楽器を除いた一般的なギター/ベースでは、ノイズを下げるために、弦をアース回路として使用してプレイヤーの体を使ってアースに落とす構造になっている。ギターの種類によっては、ブリッジやテイルピース部分にしっかりとアース線が取りつけてあるものも多いが、単に挟み込むように圧着しているだけのものもある。こういった構造のギターは、時間が経つとアース部分の接触が弱くなり、ノイズが大きくなってくることが起こる。エレクトリック・ギター/ベースのジーというノイズは、誰もが経験し、また好ましくないもの。今回は、楽器自体をカスタマイズしてノイズを下げるのではなく、楽器が本来備えているアース回路がちゃんと機能しているかのチェック、そして不測の事態を回避するための応急処置をお教えしよう。

 まず、ギターをアンプに接続する。次に、大きめの音量に設定して、蛍光灯などのノイズを 発しやすいものを近くに置きながらノイズの出方を確認してゆく。

 次の3つの状態のノイズ(この場合、シングルコイル特有の低いブーンというノイズではなく、高い音でジーとなる外来ノイズ)の量を比べてみよう。

(A)両手をギター/ベースから離した状態
(B)手で弦を押さえた状態
(C)手でギターに差し込んであるプラグの外側を強く握った状態
 3つともノイズの量が変わらないのであれば、その楽器は現状で組み込まれているアース回路がちゃんと機能している。従って、よりノイズを下げたいのであれば、新たなカスタマイズが必要となる。

 次に(A)に対して(B)のノイズが減っているようには聞こえない、そして(C)が一番ノイズが小さく感じられる場合。この時は、本来ギターに組み込まれたアース回路がちゃんと機能していない。その理由は、ギター内部のアース線が外れてしまっているのかもしれないし、ブリッジ〜アース間を結ぶべき線は比較的に外れやすいので、それが外れてしまったり、圧着されていたものがずれてしまった場合などが考えられる。これは、アース回路を点検しながらワイヤリングを正すことで、弦を押さえた時に(C)の状態にまで改善することができる。具体的な方法はボディ内部のワイヤリングに関わってくることなので、次回にゆずることにするが、現場でどうしてもそのギター/ベースを使いたい時の応急処置を記しておこう。ギター弦や半田線のような電気を通す金属線を使って、ブリッジとギターに差し込まれたプラグの外側(どこでもよい)とを強く結んでやる。これでノイズ量は(C)の状態まで落とすことができる。

 最後に(A)(B)(C)の順でノイズが減ってゆく場合。これは、一応アース回路は結線されているものの、経年変化やサビ等によって、アース回路(アース線)が完全には導通していない状態であることを示している。古いギターなどで時折見られるのだが、弦を押さえると少しはノイズが減ること、対象が古い楽器の場合が多いことなどから、壊れているという自覚がないまま、“古いギターは、ノイズが多い”と思い込んでいることもある。適切にアース回路をワイヤリングしなおしてやれば、弦を押さえた時に(C)の状態まではノイズ・レベルを下げることができる。応急処置に関しては、前記の項目と同じ技を使うことができる。

 エレクトリック・ギター/ベースのエレクトロニクスについては、一定の知識や簡単な技術が必要になるが、実際にはさほど難しいものではなく、十分に理解さえすれば危険度もそれほど高くはない。次の機会には、ある程度順を追ってギター・トーンを考えた上でのジャックやポット交換、コイル・タップ・スイッチなどの簡単なバリエーションの追加、そしてピックアップ交換の手順、簡単なエレクトロニクスのトラブル・シューティング等に関しても考えてみたい。

→ その1 電装系パーツ類が及ぼす影響 へ

→ 楽器の保管方法 へ

その3 その他各部のノイズ対処法


エレクトロニクス・パーツを洗浄する際は、他部分に洗浄剤が
かからないように注意しよう。

 ジャック・ガリの次あたりに多いのが、ヴォリューム/トーン・ポットやピックアップ・セレクタ(含スイッチ類)から出るノイズだろう。これも、各パーツの接点部分が腐食してきて接触不良を起こしているのである。これらのパーツは、ピックガードの下や、コントロール・プレートの中に取りつけられているので、まず手の届く場所まで露出させてやる必要がある。次に、エレクトロニクス・パーツ用の洗浄剤、アルコールなどで接点部分を洗浄する。場所によっては上記のメタル・ポリッシュを小量使ってもよい。

 ここで注意点を幾つか挙げておく。スプレー・タイプの洗浄剤は、ギターの他部分に悪影響を与えることがあるので、飛び散らないように最善の注意が必要となる。ギターの塗装が溶けてしまうことも、十分あり得る。ポット類の内部を洗浄する時に使う洗浄剤やリレー・クリーナーは、ポット内部のゴミを吹き飛ばしてくれる役割もある。したがって、他に飛び散らないようにポット自体をティッシュでくるむなど工夫して、ある程度の量を吹きつけてやる方がよい。アルコール系の成分を持つ洗浄剤は、ブラス・シャフトのポットには良好だが、アルミニウム・シャフトのポットには十分な注意が必要となる。あまり多く使用すると、ポットに致命的なダメージを与えてしまうことがある。

 今回は、半田付け作業には触れないが、エレクトリック・パーツを洗浄する時には、各接点に変な力がかかってはいないか、ちぎれそうになってはいないか、といったことを目で確認しておいて欲しい。

→ その4 緊急時のアース対処法 へ

その2 ジャック部のガリ・ノイズ対処法


(写真1)綿棒などを用い、ジャックの内側を磨いてみよう。

 エレクトリック・ギター/ベースのトラブルで一番多いのがジャック部分のガリ・ノイズ。これは、誰でも経験したことがあるだろう。そして、ギター・コードのプラグをガシガシと抜き差ししてやれば、多少のものならば収まる。これは、これとして立派な修理テクニックのひとつということができる。でも、いつ再発するかは分からないし、ヤバい時に限って症状は表れるもの。ガリ・ノイズの出るジャックは、時間のある時にメンテナンスしておこう。

 まず、ジャックからガリ・ノイズが発生する仕組みについて説明しておく。多数のギターは、1/4インチ径のアウトプット・ジャック/プラグで接続する規格になっており、内部では単純に2つの接点を結んでいるだけである。つまり、コード・プラグの先端の数ミリほどの飛び出した部分が接触する“ホット”部分と、その他のプラグ全体が接触している“コールド/アース”部分からなっている。この2箇所の金属部分が錆びることで、接触不良を起こしガリ・ノイズが生まれる。そのまま放っておけば、やがては音が出なくなってしまうこともある。ここで、ちょっとした秘密を教えよう。いま通常のモノラル・ジャックには、2つの接点があると述べた。ところがガリ・ノイズを起こすのは、2つの接点のうちアース側が殆どなのである。従って、メンテナンス手順は以下の通り。綿棒の先に金属磨き、ペースト状コンパウンド、サビ取りあたりをごく小量付け、入り口から1センチほどの間のジャック内側を磨く。できれば、ジャック自体を露出するようにジャック・プレート等を外した方がいいのだが、慣れればそのままの状態でも行なえる。注意点は、金属磨きなどを付け過ぎないこと、そして何も付けない綿棒で十分にカラ拭きしておくことである。できれば、きれいに仕上げるために小量のアルコールを付けて磨いてやれば更によい。作業はこれだけ、これで必要十分な効果が得られる(写真1)。

 時折、ジャックのアース部分を紙やすりを使って磨くといった大胆な話を聞くことがある。ジャック自体はブラスの上から保護や腐食防止の為にニッケル・メッキが施されている。紙やすりを使うとせっかくのニッケル・メッキが剥がれてしまいがちなので、おすすめはできない。またメッキ自体は意外と薄いので、古い楽器では既に長年のプラグの抜き差しによってメッキが剥がれてしまっていることもある。この場合は、迷うことなくアウトプット・ジャック自体を交換しよう。ジャックを交換する際に経験したことだが、古いジャックは音は出ていても、トーンが下がって聞こえるようになってしまっていることが往々にしてある。このあたりは好みの問題も絡んでくるので、電気的な劣化と音の悪化は一致しないと考えた方がよいという意見もあるが、個人的にはジャックやギター・ケーブルなどのギターの外側に出た電気信号(ギターの音そのもの)に関しては、極力劣化させないように心がけるべきだと思う。

 フラットトップ・ギターに多く使用されているエンド・ピン・ジャックと呼ばれているものは、今回のジャック・メンテナンスには当てはまらないので、またの機会にご説明しよう。

→ その3 その他各部のノイズ対処法 へ

その1 電装系パーツ類が及ぼす影響

 プレイヤー誌の読者の方は、エレクトリック・ギターやベースを使っている人が多いと思う。これらの楽器には一般的なアコースティック楽器に加えて、独自のエレクトロニクス(電装系パーツ類)が組み込まれている。多くのエレクトリック・ギターやベースに組み込まれているものは、とてもシンプルなパーツや、ワイヤリング・レイアウトで構成されている。それ故に個々のパーツがギター・トーンに及ぼす影響が大きいということにも繋がるのだが、一般的なエレクトリック・ギター/ベースに起こることが多い電気的なトラブルは共通したものが多い。ここでは、目にすることが多い典型的なトラブル・パターンと対処方法を説明してゆこうと思う。

→ その2 ジャック部のガリ・ノイズ対処法 へ

その3 フラットトップ・ギターの弦交換




 多くのフラットトップ・ギターでは、ブリッジ部分にセットされた6個のブリッジ・ピンを使って弦を交換するものが多い。こういったギターで、弦を交換している時にチューニングしたら、“ブリッジ・ピンが抜けて、飛んでいってしまった”という話を聞くことがある。これは、ブリッジ・ピンの役目とフラットトップ・ギターのブリッジ部分の構造を理解すれば、トラブルを事前に防ぐことができる。

 (図1)は、フラットトップ・ギターのボール・エンド部分のあるべき位置を図解したものである。つまり、チューニングすることによってボール・エンド部分が引っぱられる力は、エンド・ピンを横方向へと押している。この状態だと、エンド・ピンが抜けるような向きには、テンションはかかっていない。一方で、(図2)はボール・エンド位置が間違った場所にある状態。この状態で弦をチューニングしてゆくと……… エンド・ピンが飛んでいってしまう悲劇を生むことになる。フラットトップ・ギターの弦を交換する時には、サウンド・ホールから手を入れるなどして、ボディ内のボール・エンド位置を確認してチューニングする癖をつけるようにしよう。

→ その1 弦交換の時期について へ

→ エレクトロニクス関連 へ

その2 弦交換時の注意点


(写真1)ストリング・ポスト上で弦が交差しないように注意して、
上から下に向かって巻いていこう。

 次に弦を交換する時の注意点など。弦はチューナーのストリング・ポストに巻き付けてチューニングしてゆくのだが、一般的にバランスよくするには、各弦がストリング・ポストに2〜4回ほど巻き付いた状態でチューニングが整うように一定の長さに切る。(ストリング・ポストから1インチほど先で弦を折り曲げてから、その先端部分を1センチほど残して切れば良い)もちろん弦は、ストリング・ポスト上では、交差せずに上から下側へときれいに巻いていこう(写真1)。これは、弾いている時にチューニングがずれてきてしまうトラブルを防ぐことになる。また、フェンダー系ギター/ベースの3弦が、開放弦を弾いた時にナットから外れがちな時には、やや大目に弦を巻いておくことで、状態を改善することができる。

 “ヴィブラート・ユニットに対するチューニングの安定”を最優先したり、“テンション・バランスを意図的に変化させる”目的がある場合には、それに合わせた弦の張り方を行なうべき時もある。これらについては、またの機会にご説明しよう。

→ その3 フラットトップ・ギターの弦交換 へ

その1 弦交換の時期について

 ギターやベースの弦は、どれくらいの期間で交換するのが望ましいのだろうか? もちろん、弾く度に弦を交換するプロフェッショナル・ギタリストが多数いることは知っている。しかし、一般人にとっての趣味の範囲としてギターを考えるならば、ギターを弾く頻度にもよるが、2週間〜4週間程度の周期あたりだろうか。軽く弦の下側を指でなぞってみて、フレットが触れる位置に沿って弦がでこぼこして感じられるようになったものは、既にバランスよく振動できる時期を過ぎている。このあたりはプレイヤーの弾き方や使われる状況などにも大きく左右される。予約した練習スタジオの前日に、自宅で一生懸命練習し、当日スタジオで数時間もギターを弾けば、そのギターの弦の寿命はまっとうしたといえるのではないだろうか。ギターをたまにしか弾かない人は、弦の表面がくもってくることを気にしなければ、期間はあまり気にしなくてもよいだろう。逆に張り替えた直後の滑りやすい感触の弦を好まないプレイヤーもいる。いずれにせよ、弾いた弦が振動する様子を目でチェックした時に、きれいな紡錘形を描いて振動しないようであれば、寿命が尽きたと思えばよい。寿命が尽きた弦は、ハイ・ポジションでのサステインや、コードの揺れ、イントネーション調整をしているにも関わらずチューニングが合っていないような感触を作り出す。ギター・トーンに関しては、徐々にきらびやかさを失い、暗いトーンへと変化してゆくのだが、これに関しては、個人の好みの問題ともいえる。つまり、錆びた弦の弾き心地や音が好きなギタリストがいても、それはいいのではないかと思っている…。

→ その2 弦交換時の注意点 へ

その2 実践・イントネーション調整

 では、具体的に作業を進めよう。まず、弦を新しいものへと交換する。特にシビアな弦振動をチェックする必要があるイントネーション調整では、新しい弦でのチェックが必要不可欠であり、またチューニング・メーターの反応もチェックしやすい。アクション等の調整が終わったことを前提として、ギターをチューニングする。その際は、普通に弾くようにギターを抱え、ギター自体が横向きに起きた状態でチェックすること。ギターを机等の上に乗せたのでは、既に弦高やネックの状態がずれてしまっている。6本の弦を仮にチューニングしたら、次に1弦ずつ12フレット上のハーモニクス音と12フレットを押さえた実音とをチューニング・メーターを使って比較し、その差が無くなるようにブリッジ・サドルを前後すればよい。作業としては、ハーモニクス音に対して実音がシャープしている時はサドルを後方へ、実音の方がフラットしている時はサドルを前方へと移動する。この時の注意点としては、実際にギターを弾く時と同じ強さで弦を押さえること。トレモロ・ユニットがフローティング状態でセットされているギターなどのブリッジ・サドルが安定していないギターでは、6本の弦のチェックを順番に繰り返すように行なう必要がある。高すぎるピックアップ・アクションは、イントネーションを乱す。チューニング・メーターを使用するのは、作業をやりやすくするためであり、2つの音の高さを耳を使って聞き分けても構わない。一般的なブリッジ・サドル(弦の支点)の位置を図で示しておくので、参考にしてもらいたい(図1)。調整を終えたギターは、コードの響きが変わったことを確認、常にイントネーション調整がされているギターの響きというものを体に覚えさせよう。

→ その1 イントネーション調整の必要性 へ

→ 弦の交換編 へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。