PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > メンテナンスガイド
メンテナンスガイド

その2 実践・イントネーション調整

 では、具体的に作業を進めよう。まず、弦を新しいものへと交換する。特にシビアな弦振動をチェックする必要があるイントネーション調整では、新しい弦でのチェックが必要不可欠であり、またチューニング・メーターの反応もチェックしやすい。アクション等の調整が終わったことを前提として、ギターをチューニングする。その際は、普通に弾くようにギターを抱え、ギター自体が横向きに起きた状態でチェックすること。ギターを机等の上に乗せたのでは、既に弦高やネックの状態がずれてしまっている。6本の弦を仮にチューニングしたら、次に1弦ずつ12フレット上のハーモニクス音と12フレットを押さえた実音とをチューニング・メーターを使って比較し、その差が無くなるようにブリッジ・サドルを前後すればよい。作業としては、ハーモニクス音に対して実音がシャープしている時はサドルを後方へ、実音の方がフラットしている時はサドルを前方へと移動する。この時の注意点としては、実際にギターを弾く時と同じ強さで弦を押さえること。トレモロ・ユニットがフローティング状態でセットされているギターなどのブリッジ・サドルが安定していないギターでは、6本の弦のチェックを順番に繰り返すように行なう必要がある。高すぎるピックアップ・アクションは、イントネーションを乱す。チューニング・メーターを使用するのは、作業をやりやすくするためであり、2つの音の高さを耳を使って聞き分けても構わない。一般的なブリッジ・サドル(弦の支点)の位置を図で示しておくので、参考にしてもらいたい(図1)。調整を終えたギターは、コードの響きが変わったことを確認、常にイントネーション調整がされているギターの響きというものを体に覚えさせよう。

→ その1 イントネーション調整の必要性 へ

→ 弦の交換編 へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。