PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > メンテナンスガイド
メンテナンスガイド

その2 実践・イントネーション調整

 では、具体的に作業を進めよう。まず、弦を新しいものへと交換する。特にシビアな弦振動をチェックする必要があるイントネーション調整では、新しい弦でのチェックが必要不可欠であり、またチューニング・メーターの反応もチェックしやすい。アクション等の調整が終わったことを前提として、ギターをチューニングする。その際は、普通に弾くようにギターを抱え、ギター自体が横向きに起きた状態でチェックすること。ギターを机等の上に乗せたのでは、既に弦高やネックの状態がずれてしまっている。6本の弦を仮にチューニングしたら、次に1弦ずつ12フレット上のハーモニクス音と12フレットを押さえた実音とをチューニング・メーターを使って比較し、その差が無くなるようにブリッジ・サドルを前後すればよい。作業としては、ハーモニクス音に対して実音がシャープしている時はサドルを後方へ、実音の方がフラットしている時はサドルを前方へと移動する。この時の注意点としては、実際にギターを弾く時と同じ強さで弦を押さえること。トレモロ・ユニットがフローティング状態でセットされているギターなどのブリッジ・サドルが安定していないギターでは、6本の弦のチェックを順番に繰り返すように行なう必要がある。高すぎるピックアップ・アクションは、イントネーションを乱す。チューニング・メーターを使用するのは、作業をやりやすくするためであり、2つの音の高さを耳を使って聞き分けても構わない。一般的なブリッジ・サドル(弦の支点)の位置を図で示しておくので、参考にしてもらいたい(図1)。調整を終えたギターは、コードの響きが変わったことを確認、常にイントネーション調整がされているギターの響きというものを体に覚えさせよう。

→ その1 イントネーション調整の必要性 へ

→ 弦の交換編 へ

その1 イントネーション調整の必要性


しっかりとイントネーション調整を行えば、美しいコードの
響きを得ることが出来る。

 現在ギター・メーカーで生産されているギターは、20本あまりのフレットを打ち込むための溝を一度に加工している。つまり、フレット間隔がずれた“フレット音痴”などというギターが生まれる可能性はないと断言することができる。しかし、ギターによって美しくギター・コードが響いたり、音がうねって聞こえるギターが生まれるのは、何故だろう。これらの多くは、イントネーション調整が行われていない、もしくはその人の弾き方に合わせて調整がされていないことが原因の場合が多い。ところで、どうしてイントネーション調整は必要なのだろうか? フレットの間隔は、ギターのスケールに対して計算上導き出される値に準じて決められている。ところが実際のギターは、6本の弦の太さが異なり、そしてアクションも違っている。実際にフレットを押さえるということは、弦をフレットまでの距離ベンドすることに他ならない。すると、全てのポジション/弦は、開放弦に対して幾らかはシャープしていることになる。そして、問題となるのがその幅が、弦高、弦の直径、弦を押さえる強さ、ピッキングの強さ、によって変化することにある。また、ナットはほんの僅かにフレットの延長線上よりも高い位置に設定されていることに加えて、ナットやブリッジサドル上の支点よりも僅かにずれた位置から弦振動は始まる。そして、これらもまた弦の直径等によって、各弦ごとに違った値を示すのである。こういった条件を総合してゆくと、ギターのチューニングは、幾つもの要因によって一本一本微妙にずれていることになる。それに対して、開放弦(12フレット上のハーモニクス)と12フレットを押さえた時の2つの音を完全にチューニングすることで、音がずれる中心の位置を合わせて、各弦共に同じように分散させることで目立たなくしようというのがイントネーション調整である。

 難しいことは抜きにして、イントネーション調整を行なったギターは、コードが美しく響き、音のうねりが少なくなると考えればよい。またイントネーション調整は、弦高、ゲージ等の上記の要素によって変化するので、弦の種類やアクションを変えた時には再度調整する必要がある。逆に同じ状態で使い続ける限り、それほどずれてしまうものではない。

→ その2 実践・イントネーション調整 へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。